半身浴で美肌・・・?

半身浴してますか?美容や美肌のために半身浴をしていらっしゃる方も多いかと思います。肌の代謝や脂肪の代謝をよくするために、お風呂にできるだけ永く浸かるために半身浴をして、たくさん汗をかく・・・

半身浴で代謝が上がって、肌がきれいになったり、痩せやすくなる・・・

毛穴の老廃物が排出されて美肌になる・・・

でも、これら半身浴神話は正しくありません。半身浴は本来、心臓に負担のかかりやすい高齢者や高血圧、肥満などの生活習慣病の方たちに推奨された入浴法で美容のためのものではありません。血圧の急な変動を防ぐ目的なわけです。

半身浴をして、たくさん汗をかくとデトックスできるとか、毛穴の汚れが落ちるとも言われていますが、汗から出てくるものといえば、塩分やアンモニアなどの水溶性の排泄物くらいです。そもそも、汗が出る汗腺と皮脂などが出る皮脂腺(毛穴)は別のもの。別の穴なんです。汗で毛穴がきれいになるというのは間違いです。むしろ、永く湯に浸かって、肌のうるおい成分が失ってしまう方が心配です。

また、毎日、半身浴をしていると汗腺が活性化するので汗をかきやすい体質になり、あせもや肌トラブルにもなりかねません。半身浴もほどほどにしないと美容にマイナスに働いてしまいます。入浴は気分転換、ストレス解消、筋肉のリラクゼーション効果を目的に考えた方が良いでしょう。

それでは、

肌に良い入浴方とは?

湯船に永く浸かっていると肌がうるおった気分になるかもしれませんが、逆に肌のうるおい成分がお湯に溶け出し乾燥を招く事も・・・また、体が温まってポカポカしますが、それは一時的なものであって、冷え性を解消するようなものでもありません。体の外から温めるのではなく、運動などで体の内側から自分の力で温めて血液循環を良くしないと代謝は上がりません。

入浴後の体温が下がってゆくときは、眠りのスイッチが入りやすいと言われています。入浴後20~30分でベットに入ると深い眠りに入っていけます。質の良い睡眠が美肌を作ります。

普段の入浴は40度くらいの湯に全身浴で10分も浸かれば充分です。半身浴で長時間使うのであれば、その時間を睡眠に回した方が美肌に繋がります。よりリラックスしたいときは好みの香りや色の入浴剤を入れて38~39度くらいの湯に15分~20分浸かったり・・・リラクゼーションを目的に入浴すると良いですね。その際、肌の乾燥を防ぐ保湿成分の入った入浴剤を選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事