乳液とクリーム

今回は乳液とクリームについてお話します。

乳液やクリームを使う目的の主だったものは、油分を補うことです。そして化粧水や美容液などで入れ込んだ、うるおいや栄養を逃さないようにがっちりガードすること・・・

ベタつくからと敬遠するかたもいらっしゃいますが、嫌がっているとガサガサ肌、ゴワゴワ肌になるかもしれません。

個人差は当然ありますが、皮脂の分泌量が充分にある30代まではきちんと保湿ができていれば油分の補給は基本的に必要なく、乳液やクリームも不要かもしれません。ですが、40代くらいからは、水分だけでなく油分も低下するので、保湿成分が配合された美容液を顔全体につけ、乾燥しやすい目元、口元には乳液やクリームをやさしくなじませるようにすると良いでしょう。

乳液とクリームのどちらを使えばいい?両方使った方がいい?

乳液とクリームの両方を使わなければいけないといことはありません。乳液とクリームの違いは油分と水分のバランスの違いです。

乳液はガード力が強くはないですけど、肌をふっくらほぐす効果が高いですね・・・クリームは油分が多く、こってりとした形状です。うるおいの密閉力が高く、重ね塗りもできますね・・さらっとしたつけ心地のよさから乳液の人気は高いですが、目元や口元に使うなら、油分の補給効果の高いクリームの方がおすすめです。

そして、肌に油分を補う目的で使うなら、敏感肌用のシンプルな高価でないもので充分です。ベタつくのが苦手な人向けにジェルのような軽い形状の出ていますが、油分を補うという意味の使い方でしたら、コクのあるクリームらしいものを選びましょう。

またクリームには油分の補給目的以外にも美容効果を謳った成分が配合されたものがありますので、ご自分の目的にあったものを選んで試すのも良いかと思います。乳液はまろやかでコクのあるものが良いでしょう。クリームも乳液も取扱説明書に書かれている適量を手のひらにとって、両手のひらにのばし、頬から広げてなじませていきます。肌への摩擦は角質層を痛める原因です。強くこすったり、すりこんだりしなくてもきちんと浸透するように作られています。やさしく、丁寧になじませるようにします。

皮脂分泌が少ないと思われる目元や口元は適量を指にとって、やさしくなじませて下さい。逆に皮脂分泌が多い部分には油分を与えすぎないように・・皮脂が詰まってニキビや吹き出物の原因になる事も・・・

普段から自分の肌を観察しておきましょう。どこに、どのように塗れば良いかわかりますよ・・

スポンサーリンク
おすすめの記事