化粧水=肌のうるおいと思われがちで、化粧水をたっぷり、つければ、つけるほど、肌がうるおうものだと信じているひとが多いようです。

でも、これは間違い・・・化粧水がそのまま、肌の水分になるわけではありません。化粧水だけでは十分な保湿はできません。肌の水分のもとになるのは、体の奥からたえず上がってくる水分であり、外からの水分がそのまま、肌の水分になるわけではありません。外からの水分は時間が経てば蒸発しますし、蒸発と同時に水分を奪うことすらあります。化粧水は使用感がよいので、つけた直後は、うるおった気分になりますが、保湿のためには、あまり効果は期待できません。

では、化粧水は何のために、つけるのかというと、清涼感や心地良い気分になるからつけているようなもの。

実は化粧水はスキンケアにとって不可欠というものでもないのです・・肌をみずみずしく整えるという考え方であれば、好みの使用感であったり、保湿以外の効果を期待できるものがおすすめです。アンチエイジング効果が高いと言われている成分が配合されているもの。シミやそばかすを防ぐ、各種美白成分が配合されているもの。肌にうるおいを与える成分が配合されているもの。等があります。

ご自分が求めている有効成分がはっきり表示された化粧水を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事